交通事故の治療費打ち切りを宣告されたら弁護士に相談を

打ち切り805304

保険会社からの打ち切り宣告!

交通事故の被害に遭った人が治療を病院で受けていると、その治療費がどんどんと重なっていくことから相手の保険会社から治療の打ち切りを求めてくるということがあります。打ち切りを求められたら治療を打ち切るしかないと思ってしまう人もいますが、実際のところ、その必要はありません。この場合の打ち切りは保険会社側の判断によって一括対応をやめるというものです。一括対応とは、加害者の保険会社が窓口となり、医療機関に直接費用を支払うということを指します。あくまで保険会社が任意に行っていることであり、義務ではありません。あらかじめ立て替えている理由としては、過失割合などが確定することでその費用をいずれ払う必要が出てくるため、いわば効率を考えてのことです。

このような連絡が保険会社から来た場合には、まず病院と話し合いを持つことが求められます。話し合いでは、現在の症状、そして、回復見込みなどを聞いておくことが大切です。改善する見込みがあるのかないのか、そのあたりのことにも触れておく必要があります。まだ改善する見込みがあれば、そのことを保険会社に伝え、支払いの継続を求めることになります。これで納得しない場合には、医師や弁護士などを通じて説得していくことになります。そのあとにとる手段としては、あらかじめこちら側が治療費を立て替え、後で請求するというものです。後遺障害が認定された場合、症状固定日までの費用などを請求することができます。そのため、健康保険などを利用して通院する必要が出てきます。病院によっては健康保険での通院を認めないところもありますが、交通事故であったとしても保険を使うことは可能です。そして、自費で通院した分の賠償を求めていくこととなります。

弁護士に相談しよう!

多くのケースでは数か月して支払いの打ち切りを相手の保険会社が求めてくることになります。そのため、弁護士が間に立ち、交渉を進めていくことになります。交渉が進まない場合には弁護士を積極的に活用することが求められていきます。弁護士に委任した場合、その窓口はすべて弁護士となります。今まで保険会社との折衝で精神的に疲れる部分があった人も、法律のプロに任せることで肩の荷が下りることも出てきます。示談交渉、その先の裁判などに発展した場合、いずれは法律のプロなどにお願いする場面が出てくるため、先んじてお願いすることも1つの手段です。困ったらすぐに相談することが大切です。