弁護士費用特約で交通事故の際弁護士がつけられる

示談交渉が長引くことも

交通事故というのは簡単に話がまとまるとは、限らず揉めることも少なくありません。
どちらか一方が悪いということはありませんから、過失割合のことで互いに譲らずにいつまでも話し合いが長引いてしまうことがありますし、大きなお金が動くものだけにどちらも非を認めないということが多いものです。
また、片方に一方的に責任がある場合にしても話がこじれてしまうということもあります。

互いに保険に加入している場合には、保険会社同士で話し合いをすることになるので揉めるということは起こりにくいのですが、どちらかが保険に加入をしていなかったといった状況やどちらか一方に非があるときには面倒なことになってしまいがちです。
相手が一方的に悪い事故で保険にも加入をしていないという場合、保険会社が間に入って交渉をしてくれるわけでもないので話し合いが進まずに揉めるということは少なくありません。

保険会社というのは自社の保険からお金を支払うことになりそうなときには交渉をしてくれますが、支払うことがない場合には間に入って交渉はしてくれません。
そのため、契約者自身が直接加害者と交渉をしなければならず素人が交渉をしても簡単に話がまとまることはありません。

弁護士依頼が保険賄える!弁護士費用特約とは?

そのような時には弁護士を立てて交渉をすることになるのですが、これは当然自費となってしまいかなりの費用の負担が発生することになります。
事故に巻き込まれた挙句に弁護士費用まで取られてしまうというのは踏んだり蹴ったりのこととなってしまいますが、弁護士費用特約があればその費用を保険会社が負担をしてくれるので、相手が無保険であったり相手に一方的な過失があって保険会社が間に入ってくれないという時には役に立つものとなっています。

弁護士費用特約はわずかな保険料の負担でつけることができるので、万が一のことを考えておくと特約をつけておくのが良いでしょう。
本来であればこのようなときの保険会社だと思うかもしれませんが、保険会社というのはあくまでも契約している保険からの支払いがあるときしか動いてくれるものではないのでただ保険に加入をしているというだけでは不完全なものとなっているので完璧な事故対応を求めるのであれば弁護士費用特約もつけておく必要があります。

このようなパターンは自動車保険の落とし穴であるだけに見落としてしまいがちな部分となっていますから、それだけに忘れないようにしておくことが大切なことになります。