交通事故の損害賠償は弁護士会や保険会社に算定基準がある

交通事故の損害賠償とは?

交通事故を起したら損害賠償が発生します。損害賠償には積極損害、消極損害、慰謝料の3つがあります。積極損害というのは、被害者が事故のために出費しなければならなくなったものです。例えば、治療費とか葬儀費用、自動車の修理費などです。消極損害というのは、事故がなかったら被害者が受け得たであろう利益のことです。生きていれば得られた収入や、怪我で会社を休んだ分の給料などがこれにあたります。そして慰謝料というのは、被害者の精神的な苦痛に対して賠償されるものをいいます。

損害賠償は、この3つに分けて算定されて金額が決まります。ちなみに、交通事故においては、被害者の方にもいくらか過失がある場合も多いものです。そういう時は、過失割合によって支払われる損害賠償額が減額されます。損害額が大きかったとしても、過失割合が高いと、あまり損害賠償を取ることができません。この過失割合をどうするかは、損害賠償額を計算する際に重要な争点になる場合が多いです。それぞれの損害賠償の算定額は、だいたい基準額が決まっています。

損害賠償の相場

例えば、慰謝料の場合だと、弁護士会、自賠責保険、任意保険、裁判所それぞれが算定基準をもっています。死亡事故の場合ではあれば、弁護士会の基準では、2000万円~3000万円くらいですし、自賠責保険の基準だと、本人の分が350万円で、他に遺族の請求者が1名の時は500万円くらい、2名の時は600万円くらいというふうな感じになっています。任意保険においては、それぞれの民間会社が独自に支払基準をもっていて、保険会社の示談担当者は、この支払基準に基いて交渉してきます。

また慰謝料の金額の算定においては、加害者と被害者双方の生活環境などが考慮されます。例えば、加害者側だと、被害者に対する誠意はあるかないかでも金額が変わってきますし、また年齢や職業でも金額が変わってきます。一方の被害者側では、年齢や職業はもちろんですが、傷害・障害の程度、家庭環境、既婚かいなかなども考慮されます。交通事故の損害賠償をどうするかは、9割以上は示談交渉で解決されます。示談は、加害者と被害者が裁判所を仲介せずに話し合って解決することです。実際は、本人同士が話すのではなく、保険会社の担当者などが話し合って決まります。しかし、示談交渉が上手くいかない場合もあり、そういう場合は裁判所で調停をしてもらったり、最後は訴訟までもつれこむこともあります。訴訟などになったら自力でやるのは難しいので弁護士に相談するのがいいでしょう。