交通事故の後遺障害・むちうちに必要な弁護士

むちうちの損害賠償が受けづらい現実

交通事故の被害者となり、むちうちに苦しむ患者は少なくありません。骨折や裂傷と違い、外からはわかりづらい症状であるため、周囲の理解が得にくく、補償もされづらい現実があります。運動中の負傷なら、意識のどこかで心の準備もできていて、体もけがに備えた態勢になっているでしょうが、まったく無防備な状態でいて、不意にとんでもない衝撃を受けたわけですから、体の筋繊維や神経線維が尋常でないずれかたをするのも道理です。

しかし、MRIなどに偶然映らない限り、被害者のかかえる苦痛は証明できません。MRIはまだまだ不鮮明で、むちうちを示す画像が撮れるのはごく少数であり、映し切れないことが多いことは知る人ぞ知るところですが、後遺障害認定においては、画像で証明できなければ、症状なしとして却下されます。後遺障害・むちうちで後遺障害認定される例はわずかで、大半は却下されます。

しかし、症状に苦しみ、事故前とはまったく違う状況にさせられ、今後もそのまま続きそうなのですから、それに対する補償はなされるべきです。被害者なら誰しも、元の体に戻した上での損害賠償が望みなわけであり、それがかなわぬための後遺障害慰謝料です。症状固定後ですから、治療費は自己負担となります。

むち打ちの後遺障害認定を受けるには弁護士アドバイス

生涯にわたってです。こうした窮状を理解しているのは、同じむちうちの被害者以外では、交通事故専門の弁護士だけでしょう。交通事故を専門にしている弁護士なら、受傷直後から依頼すれば、適切な治療への助言もしてくれますし、妥当な後遺障害認定が受けやすくなるよう、諸事万端調えてくれます。後遺障害認定を受けるためには、整骨院への通院よりも、整形外科への通院を主にするべきであることや、後遺障害認定書に必要な記載事項などもアドバイスされます。

整形外科医が書く後遺障害認定書には、書き方のマニュアルがあるわけではなく、主治医任せとなりますが、後遺障害認定を受けるのに不可欠な要素の検査をしていなかったり、記載しなかったりすることもあります。整形外科の医者にすらわからないのですから、被害者がわかるはずもありあません。しかし、重篤な症状があっても、後遺障害診断書の記載に不備があって症状が示されていないから、ということで却下となることは日常茶飯事です。被害者本人を診て審査するわけではないので、書面にないのは不備ゆえか、症状そのものがないのか、書類審査ゆえわからないのです。弁護士による後遺障害診断書の確認は大事です。