人身事故と物損事故の違い!交通事故に強い弁護士に依頼

パトカー

 

人身事故と物損事故との違いとは

一言で交通事故と言っても、人身事故と物損事故の二つに分類することができます。一般的に言って、人身事故とは、人がけがをしたり死亡したりしてしまった事故のことです。それに対して物損事故とは、物が壊れてしまった場合の事故のことを指しています。

交通事故が起きた場合、人身事故と物損事故のどちらで処理するかでいろいろと変わってきます。例えば、警察の捜査が変わってきます。具体的に歯、人身事故の場合、加害者に対して刑事責任を問う必要があるため、犯罪捜査がしっかり行なわれることでしょう。しかし、物損事故となれば、必ずしも加害者に刑事責任が問われるわけではないため、比較的簡単に自己処理をするだけで終わってしまうことでしょう。
このように物損事故として処理された場合、加害者には刑事責任が問われることなく、点数の減点や、免許の停止、また取り消しといった結果を招く可能性が低くなるため、物損事故としての処理を希望する人も多いことでしょう。物損事故として処理すれば、何かと面倒な手続きもないため、被害にあった方としてもそちらを希望することがあります。しかし問題は、後日体調が悪化したり、体の不調を感じたりした時でしょう。一般に、交通事故に遭った直後は、体調に異変を感じず、後になって痛みが出てくる場合が多いからです。

人身事故の切り替えなら弁護士相談

そのような場合には、いったいどうしたらよいのでしょうか。一旦、物損事故として処理がなされているために、もう手遅れだと感じて全ての治療費を自腹で支払うしか方法はないのでしょうか。実は、交通事故に強い弁護士に相談、依頼することができるのです。それも、事故からあまり時間が経ってしまわないうちに、できるだけ早めに弁護士に相談してみましょう。
弁護士は、物損事故から人身事故への切り替えを提案してくれるかもしれません。そのような場合、一般には、まず病院へ行き、医師による診断を受けて診断書を作成してもらう必要があるでしょう。その後、警察へ届け出をして、物損事故から人身事故へ切り替えることができるでしょう。

そのような場合には、警察側も再び正式な調査を行なう必要があるため、もう一度現場検証が行なわれることになります。いずれにしても、人身事故と物損事故の両方に強い弁護士に依頼するようにするなら、適切なアドバイスを得ることができ、切り替えをスムーズに行なうことができ、交通事故による問題の解決へと導かれることでしょう。