交通事故の示談を保険会社に負けずに有利にすすめる方法

まず示談を考える

交通事故に遭った場合は、示談を有利にすすめることを第一に考えましょう。しかし実際には、事故の後処理がスムーズにいかずに、困ってしまうケースが多く見受けられます。示談金の折り合いが付かずに揉めてしまうことも珍しくありません。交通事故に関する知識がないと、適切な金額が分かりませんし高額を要求されたときも対処できません。そのため基本的な対策として、専門知識を有する人に相談することが挙げられます。

日常生活を送っているだけでは意識することが少ないですが、実は事故の相談に乗ってもらえる機関はすぐ傍にあります。自分の住んでいる自治体がその代表といえるでしょう。役所内に相談するスペースを設けているケースもありますし、わざわざ相談用の施設を設けているケースもあります。住民サービスの一環なので基本的には料金は無料です。ただし電話での予約が必要な場合もあるので注意してください。より専門的な相談をしたい場合は、弁護士の事務所を頼るのも有効な手段です。特に事故を担当した経験が豊富な弁護士が多いところだと安心できます。ただし自治体と違って住民サービスではないので、費用が発生する覚悟は必要です。初回は相談無料の事務所も多いので、まずそちらを試してみると良いでしょう

相談は重要

無料相談は時間が限られているのが一般的です。そのため相談内容を事前にリストにしておくのが得策です。相談するときにポイントになるのは、手続きのすすめ方を明確にしてもらうことです。事故で相手と揉めると予想以上に長びくケースが少なくありません。時間が経つと相手への悪い感情が膨らんでいき、示談がまとまる可能性はますます減ってしまいます。そのような事態を避けるため、なるべくスムーズに行えるように状態を整えておくことが大切です。裁判になることも見越したうえで手続きを聞いておくと、後で焦ってしまうリスクを減らせます。また裁判になったときに、その弁護士に依頼する流れも作っておけます。このように自分だけで解決しようとせずに、専門家に知識を授けてもらうことが何よりも大事です。

また、その前の段階でも重要なポイントがあります。当て逃げをしてしまうと、立場が非常に悪くなることを肝に銘じておきましょう。自分が加害者となってしまうと、気が動転して逃げてしまうケースが多く見受けられます。逃げ切れる可能性はほとんど無いと考えたほうが良いです。冷静になると明らかなことですが、そのときは慌ててしまって立ち去りたい気持が大きくなります。しかし逃げてしまうと、自分の首を絞めてしまうことになるでしょう。普段から事故が起こった場合のことを考えて、冷静に対処するイメージを持っておいてください。単なる物損事故であれば、違反点数が増えることはありません。ただし当て逃げをすると話は全く変わってきます。安全運転の義務違反という名目で点数が加算されることになります。それだけでなく、危険防止の措置を怠った罰としてさらに加点されるのです。

スムーズな解決のために

このような状況になると免許停止になってしまい、相手にもそれだけ悪い印象を与えることになります。そうなると示談を有利にすすめることは非常に困難です。つまり冷静に対処できるようにしておくことが、有利にすすめるために重要な方法といえるのです。また時効について把握しておくことも重要な対策です。なかなか成立しないと時効が過ぎてしまい、請求できなくなるケースがあります。法律に精通している相手の場合は、それを狙ってくることも視野に入れておきましょう。逆に自分が時効を狙うのはおすすめできません。精神衛生上も良くありませんし、時効の期間の計算を間違えるリスクもあるからです。誠意を持って対応するのが、スムーズに解決するための基本です。